アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔息子とのSEXレッスン〕近親相姦?仕方なかったんだもん。




大学生になった息子の健太が、ものすごく暗い顔で帰ってきたの。

次の日になっても、部屋から全く出てこないのよ。

私は健太がこのまま引きこもりになってしまうのではないかと、心配で心配で・・・。

成績もよく、スポーツも得意だった健太は、女の子にもモテていたし、

今まで私に心配をかけたことなんてなかったのに。

私は健太の部屋のドアをノックして、中に入ったんだけど、

昼間なのにカーテンがしめられたままの薄暗い部屋。

健太はベットにうつぶせに横たわったまま、枕に顔を埋めていたの。

「健太、どうしたの?何か悩みがあるなら、ママに話してみて・・・。」

しばらく、健太は黙っていて・・・

やっと口を開いた健太は、とても小さな声で、


「・・・下手だっていわれたんだ。」


「健太が下手?何が?」


「セックスだよ!昨日、はじめて彼女とヤったんだ・・・。

やっと入れたと思ったら、すぐ射精しちゃって、彼女に下手って笑われて、フラれたんだよ。」


「そ、そうなの・・・。」


私は健太が今まで童貞だったということの方に驚いてしまった。


「ずっとママのいうとおりに勉強ばっかしてたから、

セックスが他の男より下手になってたんだよ!どうしてくれるんだ!」


ヒステリックに私を責める健太に、私がしてやれることといったら、

自分の体でセックスを教えてあげることだけかも・・・・。

近親相姦したいなんて、考えたこともなかったのに。

むしろ、近親相姦なんていう話をきくたびに、気持ち悪いと思っていたくらいなのに。


健太には近親相姦に対する抵抗は全然ないみたいだったの。

近親相姦してでも、セックスが上手くなりたかったのかもしれない。

他の女にセックスが下手だとまた笑われるくらいなら、

近親相姦で、決してけなさない私にセックスを教わって、

早く上手くなりたかったのかもね。


主人は単身赴任していたから、私達には近親相姦にふける時間がたくさんあったの。

でも、ちょっとためらいはあったのよ。

いいのかな・・・こんなことしてって。

未来の息子の彼女や、お嫁さんに、こんなことが知れたら・・って。

でも、やっと覚悟を決めたの。

セックスを教えるのも、親としての役目だって思って。


息子の前で裸になるなんて、何年ぶりだろう。

うふふ・・・乙女みたいに、ちょっと顔が高揚して・・・


⇒ つづきはこちら