アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

息子とのSEXレッスン / 近親相姦も 悪くないかな。うふっ。

ここからのつづき。

息子の手で足を開かれて、息子の愛撫で濡れたおまんこをじーーっと見つめられ

もう、恥ずかしいのなんのって。


「俺、ここから出てきたんだよね。」


と言うなり、健太が指でおまんこを上下になぞりながら、

面白そうに私のおまんこをマジマジと観察しているの。



「不思議だよね。こんなせまいところから出てこれるなんてさ。」


と言いながら、指を入れてきて・・・・

うぐっ。声が出そうになったじゃない。



「十分すぎるくらいキツいね・・・。昨日ヤったモトカノのおまんこよりキツいかも。」


「他の相手との比較を口に出すなんて、マナー違反よ?」


と、私はちょっと健太の顔をにらんだ。


「ごめん。そうだよね。」


健太の指は私のおまんこの中で、くにくにと動く。

うぐっ。・・・・ここは、まだ声なんて出せないよ。

確かに、どこが感じるポイントなのかわかっていないようだけど、

下手っていうほどではないと思う。

健太は私のおまんこに指を入れたまま、クリトリスを舐めたの。


まだまだ、まだ、感じてはいけない・・・。


舌全体でレロレロと舐められるのは、イマイチだけど、

膣を刺激している指と合わせると相乗効果で、少しずつ快感が強くなってきて・・・


「すごい・・・ぐちゅぐちゅだ・・・。」


自分の愛撫で私のおまんこが濡れているのが嬉しいんでしょうね、健太はとても興奮していたの。


「もう入れてもいい?がまんできないよ。」


健太は私のおまんこから指を抜いて、もたもたとコンドームをつけはじめたの。

陰毛を巻き込んだりして、装着に苦労している。


「あせらなくてもいいわよ。慣れれば早くつけられるようになるわ。」


健太はようやくコンドームをつけ終えて、おまんこにおちんちんをあてがったの。

膣口をさがすように、亀頭がワレメを何度も往復する。


「ここよ。ゆっくり入れてね。」


私は健太のおちんちんを膣口に導いたの。

じりじりとおちんちんがおまんこの中へと入ってくる。

自分の息子ながら、かなり立派なおちんちんだ。


「ううっ。キツすぎるよ・・・またすぐ射精しそう。」


「まだ射精しちゃダメよ。動かさないで、マジメなこと考えなさい。」


と言いながら、私も、声が出るのを我慢するのが、

結構大変なのは、内緒。


奥までおまんこに入っているおちんちんをきゅっとしめつけると、

健太は たまらず あえぎ声をあげちゃって・・・


うふっ、これはかなりトレーニングを必要としそう。


健太の体の重さを受けとめながら、近親相姦が長く続きそうだと思って、

なんだか、嬉しくなったのは、内緒。