アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔S男仲間のM女比べ〕調教したM女達をお披露目しあった

今日は約束のM女比べの日だ。

私は念入りに調教したとっておきのM女ユミを連れて、S仲間のマンションに向かった。


「おお、これは美しいお嬢さんだ。」


S仲間のキシモトは、ユリをみて、感嘆の声をあげた。

誇らしげな気持ちはキシモトのM女クミをみて、急にしぼんでしまった。


口にボールのついた口輪をはめて、よだれをたらしたクミは

後ろ手で腕を拘束され、おっぱいを強調するように黒いロープで縛られている。


両方の乳首にはアクセサリーのように、赤いクリップがつけられ、

バイブを差し込まれて愛液を垂れ流しているアソコと

アナル拡張器をはめこまれているお尻の穴だけでもいやらしいのに、

ふとももまでのストッキングにコントローラーをはさみこまれたローターが

クリトリスを刺激するように固定されている。


「クミ、お客様にごあいさつしなさい。」

キシモトが声をかけると、クミはひざまずいて、頭を床につけた。

「ひらひゃいまへ。」

口輪のせいで、まともにしゃべれず、さらによだれがたれた。


キシモトは彼女につけられていた首輪のロープをひいて、強引に立たせた。

私はユリに着せていたコートを脱がせ、マフラーをはずした。

赤いロープで、亀甲縛りにされた裸の体がむき出しになる。

ぴんと立った乳首には小さなクリップに鈴がついたものがつけてあり、

クリトリスにもアクセサリーがついたクリップが挟んである。

アソコには中くらいのバイブが挿入されており、アナルにも細長いバイブが入れてあった。

ユリの愛液は白いパンティに吸収されていたが、

ぐっしょりとしめっているのが、脱がさなくてもわかるくらいだ。


「ユリ、キシモトさんにごあいさつしなさい。」

ユリは床に座り、三つ指ついて深々と頭を下げた。

「タカシさまのM奴隷ユリでございます。」

「すばらしい肌をしているね。真っ白ですべすべだ。」

キシモトはユリを立たせながら、おっぱいやお尻をなでまわす。

「あ・・・ん・・・・。」

ユリは眉をよせて、あえぎ声をもらした。

つづき