アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔女生徒を学校で強姦〕後ろ手に縛られ口輪をはめられ・・・

放課後、いつも口答えする生意気な生徒由美を、生徒指導室に呼び出した。

茶髪にピアス、うっすらと化粧をしている由美は、

シャツのボタンを胸がみえそうなくらいに開け、

パンティが見えそうなくらいスカートを短くしている。

がちゃりと後ろ手に鍵を閉めると、由美は不審そうな顔をした。


「オマエ、そんなかっこうで、男を誘っているんだろう?」


じりじりと由美に近づくと、由美は後ろに後ずさりして、窓にぶつかってとまった。


「先生、何いってるの? 先生が、そう思ってるだけじゃん。」


由美にぴったりとくっつき、両手をおさえて、

痕のつかない拘束具で、後ろ手に固定した。


「な、何するのさ? やめろ! このクソオヤジ!」

「今のうちに ほざくがいいさ。
 だまらせてやる。」


うるさい口に口輪をはめて、だまらせた。

SMでよく使われる穴の開いた白いボールがついた口輪をはめられた由美は

涙目でもごもごいっている。

由美の悲鳴のかわりに、口の端からよだれがたれた。


俺はゆっくりとシャツのボタンをはずして、由美の素肌をむき出しにした。

ブラジャーを脱がせ、すべすべのおっぱいを両手でおおう。

手のひらにすっぽりとおさまるおっぱいはやわらくて、あたたかい。


由美は信じられないという顔で首を左右に振っている。

「乳首がたってるな。」

大きくなった乳首を親指と人差し指でこするように愛撫した。


由美の目のからは涙が流れ出し、頬を伝っていく。

その涙を舌で舐めとりながら、スカートを脱がし、パンティを下ろした。


靴も脱がした。

はだけられたシャツに、腕のところでひっかかっているブラジャー、

白いハイソックスだけというかっこうで、

後ろ手に拘束された由美は窓際に立っている。


窓の外のグラウンドからは部活に励む、生徒の声がきこえてくる。

「いいかっこうだな。」

赤くなった目で俺をにらみつける由美に抵抗するすべはない。


俺は彼女の向きをかえ、おしりを突き出しておじぎをするような姿勢にして、

後ろからアソコを舐めた。

つづきはこちら