アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔女生徒を学校で強姦〕アナルとアソコにバイブ入れられ、悶え苦しむ

ここからの続き

ややしめっていたアソコは俺の舌になぞられるたびに、

奥のほうから愛液をにじませる。

俺は、もっと激しく舌でベロベロ舐めまくった。

由美は、うめき声を上げながら、俺の舌の動きにあわせて

ピクンピクンさせる。


「もっとかわいがってあげるからね」


俺はかばんからローションをとりだし、アナルにたっぷりとそそぎこんだ。

「ぐ・・・ふ・・・。」

お尻の穴にねっとりとしたローションをいれられる違和感に、
由美が悲鳴を上げる。


細めのスティックバイブにも、ローションをたらし、
由美のアナルに入れていった。

「んんー!」

びくんと体を震わせ、のけぞる由美にかまわず、
ぐいぐいとバイブをつっこんでいく。

根元まで入れたところで、バイブのスイッチを入れた。


「うう・・・・・んぐ・・・・・」


由美のもだえ苦しむ声と、
ブブブブブという音が部屋の中に響く。


続けて、アナルに入れたものよりも太めで、
クリトリスを刺激するオプションのついているバイブにも、
ローションをつけて、由美のアソコにあてがった。

自分のアソコに入れられようとしている太いバイブをみて、
由美が泣きながら首をふっているが、容赦なく、力をこめる。

ずぶずぶとアソコにバイブが飲み込まれていく。

由美は目をぎゅっと閉じ、体をこわばらせて、
バイブが挿入される衝撃に耐えている。

奥まで入れ込んだところで、スイッチを入れると、

由美の体がのけぞり、うめきながら激しくうごめいた。

ウウウウン、ブウウウウウン、ブブブブブという機械音と
窓の外の生徒の声だけがきこえる。

アナルに入った細いバイブと、アソコに入っている太いバイブが
くねくねと動き回り、
クリトリスにあたる部分の突起も一緒に震えるので、

下半身全体が愛撫されているようなものだ。


「おっぱいも気持ちよくさせてやろうな。」

ぴんぴんに勃起している乳首にローションをつけ、
回転式の軟質樹脂ブラシ付き吸引玩具を装着した。

つづきはこちら