アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔アナルセックス初体験〕クリとアソコとアナルセックスでとろけそう・・・

ここからのつづき

彼は、ゆっくりと大きなバイブを入れながら聞いてきたの。

「痛くない?」

「ん・・・・うん・・・・」

慎重に入れられる大きなバイブは少しずつ私のアナルを押し広げていくの。

全部が埋め込まれても、慣れたのかな~、どうにか、痛みはなかった。

「スイッチ入れるよ。」


アナルの中のバイブは左右に首を振り始め、私は奇妙な快感を味わった。

「な、なんかヘンな感じ・・・やん・・・。」

「でも、痛くはないんでしょ?すぐに気持ちよくなれるよ。」


彼が言うとおり、だんだん気持ちよさが増してきて、私の頭はぼんやりしてきた。

「もういいよね。」

彼はバイブを抜くと、自分のペニスを私のアナルに挿入した。


ぐぐっと押し広げてくる彼のペニスは硬くて、バイブより大きいような気がした。

「そんなにしめちゃダメだよ。」

彼がクリトリスやアソコを刺激して、私の気を散らしてくれたの。


力が抜けたアナルにずぶずぶとペニスが入っていき、

ついに根元まで彼のペニスが埋められちゃったの。


「入った・・・。」

彼は満足そう。

私はノドの奥までペニスが入ったような圧迫感を感じ。

彼がずるっとペニスを抜こうとすると、

内臓まで一緒にひきずられてしまうような感覚、わかるかな~?

何度もゆっくりと出し入れされるうちに、気持ちよくなってきて、

気がついたら、あえぎ声がもれていた。

「ああ・・・あん・・・いい・・・。」

「夏帆ちゃん、俺もすっごいイイよ・・・。」


なに、この感触、いい、いいよーーーー、ああ、とろけそう・・


激しくピストンされて、アナルに彼の精液が放たれるのを感じるのと一緒に、

私もイってしまった。てへっ。(^-^)


アナルセックスも、悪くないかも。

でも、いつもこうだと、やっぱり・・・・・