アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔ローションで初めての快楽〕ナニ?この感覚!下半身がしびれてく快感に・・

セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、達矢がローションを買ってきてくれたの。

ローションって初めて。

ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りなの。

感じてないわけじゃないのに、愛液があんまり出ない私は、

セックスを気持ちいいって思ったことがなかったのね。

だって、痛いんだもん。


達矢が私を裸にして・・ひやーーっ、おっぱいにローションを・・・

達矢ったら、ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまんできたの。

ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げちゃった。

乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい・・・うふっ。

ローションをひろげるようにおっぱいも両手をもんできて

そして・・・・・乳首を舌で転がしたあと、ちゅぱちゅぱっていやらしくしゃぶってきたの。


「あうんっ!」

やだ・・・ヘンな声でちゃった。

思わず、口を押さえたけど、達矢の手でどけられてしまう。


「メグミのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」

達矢がとっても嬉しそうで、逆らえなかった。

今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。

今日は声を抑えるほうが難しいみたい。


達矢の舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、

私はたまらなくて、首を左右に振りながら、「あんあん」って自然に声が出ちゃった。


「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」

達矢は顔を上気させながら、私の足の間に移動した。

パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。

「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」

おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。

達矢の指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。

「痛くないか?」

「全然、痛くないよ・・・。」

いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。

そのまま指を出し入れされても、全然平気。

ていうか、気持ちがいい・・・。


「クリトリスはどう?」

ローションでぬるついているクリトリスは、指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。


「やだっ!なんかイっちゃいそう!」

私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。

「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。


「指がすっごいしめつけられるよ!」

おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。

オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。

はあはあと荒い息を吐きながら、達矢の顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。

「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうオチンチン入れてもいいかな。」

「いいよ。」


つづく