アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔ローションで初めての快楽〕犬のように激しく・・そしてイった。

ここからのつづき

私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。

達矢はいつもと違うコンドームをつけていた。

やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、オチンチンの肌色がすけてみえる。


「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」

わくわくした様子で、達矢が私の膣口に亀頭をあてる。

「いくよ。」

ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。

ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。


「メグミのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」

達矢はうっとりとした表情で、腰を振り出した。

一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。

ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。

「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」

達矢がため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。

今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。

おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。

「ああ、全然、おさまんないよ。」

達矢は一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。

今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。

ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。

私をこんなに気持ちよくしてくれる達矢のことが、すっごく好きになった。

押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。

結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」

ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。

私がおまんこをしめつけると、達矢もイきそうになってきて、

「イくぞ・・・。」

ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。

「イくぅっ!」

達矢が私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。

はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。

二回もイかせてもらえたし。

私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。

達矢はすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。

あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。

ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。

セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。

私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。

だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。