アダルト動画レビュー



Home > エロイ体験・告白官能小説

〔オナニーさせて 見てる彼って〕丸裸にさせて指でぐちょぐちょにして・・

「そのバイブでオナニーしろよ。」

ビールを飲みながら、テレビのチャンネルをかえろっていうみたいに、ヒデキはいった。

あたしはテーブルの上におかれた黒いバイブをみつめる。

黒く光っているバイブにはグロテスクないぼがたくさんついている。

「やらないなら、帰るぞ。」

向かいあったソファにどっかりとこしかけて、ビールの瓶を手に持ったヒデキがせかす。

「やるわ。やるから帰らないで。」

最初につきあってほしいといってきたのはヒデキだったはずなのに、どうして二人の関係

がこうなってしまったのかあたしには理解できない。

でも、あたしはどうしようもなくヒデキが好きで、ヒデキをひきとめておけるのなら、な

んだってしてしまう。

あたりはパンティを足元に脱ぎ捨てた。

「どうせだから、全部脱がせてやる。」

ヒデキはビール瓶をテーブルにおくと、あたしに近寄ってきて、シャツとブラジャーを脱

がせた。

あたしは破かれたくなかったので、自分からスカートを脱いだ。

レザーのソファに全裸で座っていると、これが現実じゃないような気がしてくる。

「よくみえるように、大きく足を開け。」

ヒデキの注文どおり、あたしは座っていたソファに足をのせて、アソコがまるみえになる

ように開いた。

ヒデキが突然、あたしのアソコのワレメを指でなぞった。

「あっ。」

「まだあんまり濡れてないな。」

ヒデキはあたしの愛液がついた指をあたしの口の中につっこんだ。

舌でヒデキの指を舐めていると、口中に唾液があふれてくる。

ヒデキの指はあたしの愛液の味がした。

あたしのよだれまみれの濡れた指をヒデキはあたしのワレメに差し込む。

つぷつぷ・・・。

じわじわと飲み込まれていくヒデキの指をあたしのアソコは、まとわりついて逃がさない

ようにしている。

男らしいごつい指があたしの中に入って、ほんの少し動くだけで、あたしの中に快楽が広

がる。

アソコの最奥を探索していた指は、じょじょにひきだされて、第一関節くらいまできたと

ころで、また奥へと侵入していく。

「は・・・あん・・・。」

室内の明かりは煌々とついていて、あたしのアソコがヒデキの指をおいしそうに飲み込ん

でいるのがよく見える。

ちゅぷちゅぷ・・・あたしのアソコが悦びのあまり、よだれをたらしだしたところで、ヒ

デキは指を抜いた。

「ほら、あとは自分でやれよ。」

ヒデキはあたしの手をとって、指をアソコに導いた。

物足りなくてひくひくいっているアソコに自分の指を入れる。

あたたかくて狭いそこは十分に湿っていて、もうバイブも飲み込めるような気がしたけど

、念のため、さらに濡らしておくことにした。

自分のアソコに人差し指と中指を入れて、ゆっくりと出し入れする。

それだけじゃ、ヒデキの指が与えてくれた快感には遠くおよばないので、反対の手の人差

し指でクリトリスも刺激した。

つづく